半導体関連 世界株式戦略ファンド『愛称:半導体革命』:運用実績少ないものの大人気の業種特化型ファンド

ファンド情報

ファンド概要

日本を含む世界各国の金融商品取引所等に上場している半導体関連企業(半導体及び半導体製造装置等の設計・製造を手掛ける企業や、これらの企業に製品・サービスを提供する企業等半導体産業から業績面で恩恵を受けることが期待される企業)の株式に投資する。主要投資対象ファンドを通じた組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わない。ファンドオブファンズ方式で運用。7月決算。

三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社

設定間もないものの純資産は激増

世界各国の株式の中から、半導体関連銘柄に特化した運用を行うアクティブファンドです。

設定が2023年と新しいファンドでありながら、純資産総額は2,000億円を超え、かなりの規模となっています。

近年、AIやデータセンターなどの需要によって半導体メーカーや半導体製造装置メーカーの売上は急激に伸びています。

株価もその影響から好調な業種であるため、注目されている結果でしょう。

ファンドのポートフォリオは、半数以上が米国で次いで日本、台湾、オランダなどと続きます。

銘柄数は45銘柄程度と、業種特化型ファンドとしてはある程度分散されており、規模別でも半数が大型株、半数が中小型株と、分散されています。

設定間もないため、そこまで運用実績はありませんが、個別銘柄の入れ替えを比較的機動的かつ大胆に行っている様子です。

例えば直近では、台湾の半導体メーカーのシリコン・モーション・テクノロジーの新規組み入れを行い、一方、韓国の半導体メーカーであるサムスン電子を全売却しています。

業種特化型でありながら機動的な銘柄入れ替えを行っているファンドですが、これまでのパフォーマンスを見てみます。

ファンドの実績

パフォーマンスチャート

出所:Yahoo!ファイナンス

世界株=MSCIワールド・インデックス。円ベースは独自に計算。分配金込基準価額。

パフォーマンス表

トータルリターン
3年
トータルリターン
5年
シャープレシオ
3年
シャープレシオ
5年
コスト
(信託報酬等)
1.73%

トータルリターン、コストは年率

組み入れ銘柄上位リスト

順位銘柄名業種組入比率
1位マーベル・テクノロジー米国半導体4.49%
2位マイクロン・テクノロジー米国半導体3.90%
3位エヌビディア米国半導体3.89%
4位ASMLホールディングオランダ半導体3.52%
5位アプライド・マテリアルズ米国半導体3.36%
6位MKSインスツルメンツ米国半導体3.09%
7位ブロードコム米国半導体3.02%
8位MACOMテクノロジー・ソリューションズ・ホールディングス米国半導体2.96%
9位SKハイニックス韓国半導体2.87%
10位キューリッキ&ソファ・インダストリーズシンガポール半導体2.86%

今のところ世界株平均と同程度

設定間もないため、パフォーマンス分析も難しいです。

ただ、これまでの動きを見る限り、世界株平均とほぼ同程度のパフォーマンスとなっています。

そして、値動きはやや大きめとなっており、調整局面では世界株平均よりも下落が大きくなってしまっています。

しかし、半導体業種全体と比べてどうかというと、このファンドは半導体市場全体よりも値動きは抑えられています

直近の半導体関連株下落の影響は少なく、機動的な銘柄入れ替えなどが今のところ功を奏しているという印象です。

では今後の動きについては、どうしても半導体関連銘柄の動き次第と言わざるを得ません。

半導体関連銘柄の株価は半導体自体の値動きや需要の増減によって大きく左右されます。

そのため、銘柄ごとに差異はありつつも全体の動きは同方向に動きます。

投資家のポートフォリオとしては、このファンドはあくまで一部だけ保有するためのものです。

そして半導体業種全体の値動きよりも値動き自体は小さく抑えられているため、今後の値動きに対しても業種別インデックスよりは良い成果が期待できます。

ただ、運用実績がほとんどないためもう少し様子を見てから投資を判断すべきでしょう。

買える金融機関一覧

11社
OKB証券
SMBC日興証券
めぶき証券
アイザワ証券
三菱UFJ銀行
丸八証券
大和証券
大東銀行
木村証券
極東証券
第四北越証券
タイトルとURLをコピーしました