【AB・米国成長株投信】パフォーマンス、資産残高も日本トップクラスの初心者向けファンド

ファンド情報

ファンド概要

主として成長の可能性の高いと判断される米国株式に投資を行い、信託財産の成長を図る。運用にあたっては、企業のファンダメンタルズ分析と株価バリュエーションに基づく銘柄選択を基本。

アライアンス・バーンスタイン株式会社

名前の通り米国の成長株(グロース株)に投資するファンド

現在、日本のアクティブ投資信託で資産残高トップのファンドです。

パフォーマンスも良いファンドで、ここ数年の米国株ブームによって多くの人が保有、もしくはご存じなのではないでしょうか。

しかし、実情を見ると、米国の大型の成長株に投資しているだけといった印象で、資産残高が大きいのは単純に、①米国株のパフォーマンスが良かったこと、②加えて円安の恩恵を受けたこと、③人気商品に群がる心理、などの影響だと思います。

詳しく見ていきましょう。

ファンドの実績

パフォーマンスチャート

出所:Yahoo!ファイナンス

世界株=MSCIワールド・インデックス。円ベースは独自に計算。チャートはAB・米国成長株投信Bコース(H無)

パフォーマンス表

トータルリターン
3年
トータルリターン
5年
シャープレシオ
3年
シャープレシオ
5年
コスト
(信託報酬等)
20.92%18.74%1.171.041.73%

トータルリターン、コストは年率

組み入れ銘柄上位リスト

銘柄業種組み入れ比率
マイクロソフト米国情報技術9.50%
ユナイテッドヘルス・グループ米国ヘルスケア5.30%
VISA米国金融5.00%
アルファベット米国コミュニケーション・サービス4.80%
アマゾン・ドット・コム米国一般消費財・サービス4.40%
エヌビディア米国情報技術4.10%
モンスター・ビバレッジ米国生活必需品3.20%
バーテックス・ファーマシューティカルズ米国ヘルスケア3.00%
インテュイティブ・サージカル米国ヘルスケア2.90%
フォーティネット米国情報技術2.90%

優秀ファンドではあるものの初心者向けか

パフォーマンスチャートを見ると、過去5年では大きく日経平均や世界株の平均を上回っています。さらに、急激に円安になった為替の影響で値上がりしているのも確かですが、円安の影響も加味した世界株円ベースも大きく上回っています。

過去3年を見ると、少し劣りますが、これは米国の成長株(グロース株)より割安株(バリュー株)の動きがここ直近は良かった結果でしょう。

組み入れ銘柄を見ると、どれも有名な成長株であり、「無難」といった印象です。運用の効率性を表すシャープレシオは、最低限必要と言われている「1」を超えているので問題ありませんが、「超優秀な運用」というほどではないと思います。

つまり、このファンドは、「米国株に投資してみたい。」「何を買ったらいいかわからないけど海外株に投資したい」といった投資初心者向けでしょう。

米国株にある程度知識のある方は、わざわざファンドで購入しなくても個別銘柄のポートフォリオを組んだ方が良いと思われます。

買える金融機関一覧

73社
auカブコム証券
CHEER証券
FFG証券
LINE証券
OKB証券
PayPay銀行
PWM日本証券
SBI証券
SMBC日興証券
あおぞら銀行
いちよし証券
ぐんぎん証券
とうほう証券
ひろぎん証券
むさし証券
もみじ銀行
りそな銀行
アイザワ証券
イオン銀行
マネックス証券
ワイエム証券
七十七証券
七十七銀行
三十三銀行
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
三菱UFJ信託銀行
三菱UFJ銀行
中国銀行
中銀証券
九州FG証券
京都銀行
内藤証券
北九州銀行
北海道銀行
北陸銀行
十八親和銀行
十六TT証券
千葉銀行
四国銀行
埼玉りそな銀行
大分銀行
大和証券
大垣共立銀行
宮崎銀行
山口銀行
岡三証券
岩井コスモ証券
東京スター銀行
東洋証券
東海東京証券
松井証券
水戸証券
池田泉州TT証券
浜銀TT証券
滋賀銀行
熊本銀行
百五証券
百五銀行
福井銀行
福岡銀行
紀陽銀行
肥後銀行
西日本シティTT証券
西日本シティ銀行
豊和銀行
長崎銀行
静銀ティーエム証券
鳥取銀行
鹿児島銀行
Jトラストグローバル証券
楽天証券
野村證券
フィデリティ証券

タイトルとURLをコピーしました