【インベスコ 世界厳選株式(愛称:世界のベスト)】インデックスを上回るパフォーマンス

ファンド情報

ファンド概要

日本を含む世界各国(エマージング国を除く)の株式の中から、グローバル比較で見た割安銘柄に分散投資。銘柄選択にあたっては、ファンダメンタルズ分析と株価の適正水準評価等に基づくボトムアップ・アプローチにより行う。原則として為替ヘッジを行わない。ベンチマークはMSCIワールド・インデックス(円換算指数)。

インベスコ・アセット・マネジメント株式会社

割安な個別銘柄を世界中から探し回るファンド

日本の投資信託では珍しく、設定から20年以上経過しており当初はほとんど残高はなかったものの、純資産総額の伸びがここ数年で急激に増えているファンドです。

このような世界株式への分散投資ファンドは、無数に設定され、純資産総額が増えないファンドはすぐに淘汰されてなくなっていくパターンが多いです。

投資方針としては、世界の割安株(バリュー株)を個別に探しに行って投資をするというごく普通の内容ですが、なぜにそこまで残高が増えているのでしょうか?

パフォーマンスを見てみましょう。

ファンドの実績

パフォーマンスチャート

出所:Yahoo!ファイナンス

世界株=MSCIワールド・インデックス。円ベースは独自に計算。チャートはインベスコ 世界厳選株式<H無>(年1回決算)

パフォーマンス表

トータルリターン
3年
トータルリターン
5年
シャープレシオ
3年
シャープレシオ
5年
コスト
(信託報酬等)
25.32%10.58%1.490.521.9%

トータルリターン、コストは年率

組み入れ銘柄上位リスト

銘柄業種組み入れ比率
3iグループイギリス金融6.30%
ブロードコムアメリカ情報技術5.20%
マイクロソフトアメリカ情報技術4.70%
ベラリアフランス素材4.20%
アメリカン・タワーアメリカ不動産4.10%
友邦保険控股香港金融3.90%
ユナイテッドヘルス・グループアメリカヘルスケア3.60%
ユニオン・パシフィックアメリカ資本財・サービス3.40%
ロイヤル・ユニブリューデンマーク生活必需品3.30%
アケルBPノルウェーエネルギー2.80%

ファンド運用歴、パフォーマンスともに超優秀ファンド

パフォーマンスを見ると、過去3年でこのファンドのベンチマークであるMSCIワールド・インデックスを大きく超えています

運用の効率性を示すシャープレシオの数値も良いものが出ています。

もちろんこれはコスト控除後のパフォーマンスなので、まさに素晴らしい結果を出しているファンドと言えるでしょう。

設定から20年以上経過しているにも関わらず、長年日の目を浴びなくとも好パフォーマンスを上げていた結果、たくさんの投資家に注目され買われているのでしょう。

アクティブファンドはこうあるべきという典型を見せられている気がします。コスト控除後でもインデックスに勝てるアクティブファンド、こういったファンドが多く生まれて評価されるとこちらとしても嬉しくなってきます。

運用の中身を見てみると、個別銘柄選定の結果とはいえ、組み入れ銘柄のトップがイギリスの投資会社(3iグループ)です。

3iグループをご存じの方はあまりいないのではないでしょうか。この会社は、イギリスの投資会社で、プライベートエクイティ(PE)や、インフラなど幅広く投資をする事業を行っており、利益率が高く配当利回りも高い会社です。

だいたいこういった世界株ファンドは、アメリカのGAFAMあたりを無難に組み入れを多くするのですが、こういったところもこのファンドがしっかりとパフォーマンスを上げられている要因でしょう。

買える金融機関一覧

34社
auカブコム証券
PayPay銀行
SMBC日興証券
あかつき証券
とうほう証券
みずほ銀行
めぶき証券
アイザワ証券
オーストラリア・ニュージーランド銀行
スルガ銀行
三井住友銀行
三十三銀行
三津井証券
三菱UFJ銀行
内藤証券
十六銀行
富山銀行
岩井コスモ証券
損保ジャパンDC証券
日本生命
日産証券
東洋証券
松井証券
極東証券
西日本シティTT証券
香川証券
鳥取銀行
SBI証券
マネックス証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
モルガン・スタンレーMUFG証券
三菱UFJ信託銀行
楽天証券
フィデリティ証券
タイトルとURLをコピーしました