注目記事

ファンド情報

【野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンド】個人ではできない債券投資が実現可能

運用の中身を見てみると、「攻めの資産」として、ハイイールド社債・新興国債券(社債含む)・米国非政府系住宅ローン担保証券・バンクローン・投資適格社債・証券化商品(除く住宅ローン担保証券)に投資を行い、「守りの資産」として、先進国債券・米国政府系住宅ローン担保証券・米国政府関連債に投資しています。
ファンド情報

【たわらノーロード先進国株式】資産の柱にできるインデックスファンド風のアクティブファンド

世界平均株式インデックス円ベースよりパフォーマンスは上回っています。つまり全世界株式より先進国株式の方が過去はパフォーマンスが良かったということになります。さらに、運用の効率を示すシャープレシオも高い数字が出ており、優秀ファンドと言えます。
注目記事

【グローバル・ロボティクス株式ファンド】テーマ型ファンドの珍しい成功例

このファンドは、現在日本のファンドで特定のテーマに特化したテーマ型ファンドの中で最も純資産残高の多いファンドの一つです。投資先としては、国や地域を問わず世界全体からロボティクス関連企業、さらにはAIやIOT関連企業なども含めた銘柄を対象としているのが特徴です。
ファンド情報

【キャピタル世界株式ファンド】個別銘柄選定力のあるキャピタル・グループが運用する世界的ファンド

実績も出しており、運用会社としての評判も良いファンドなので、世界株に投資をするポートフォリオとして保有する選択肢もアリです。オールカントリーインデックスに投資しているという方も、このファンドであればコスト控除後でもインデックスに勝てているため、投資する価値はあるでしょう。
ファンド情報

【インベスコ 世界厳選株式(愛称:世界のベスト)】インデックスを上回るパフォーマンス

設定から20年以上経過しているにも関わらず、長年日の目を浴びなくとも好パフォーマンスを上げていた結果、たくさんの投資家に注目され買われているのでしょう。アクティブファンドはこうあるべきという典型を見せられている気がします。コスト控除後でもインデックスに勝てるアクティブファンド。
ファンド情報

【AB・米国成長株投信】パフォーマンス、資産残高も日本トップクラスの初心者向けファンド

組み入れ銘柄を見ると、どれも有名な成長株であり、「無難」といった印象です。運用の効率性を表すシャープレシオは、最低限必要と言われている「1」を超えているので問題ありませんが、「超優秀な運用」というほどではないと思います。