投資コラム

為替ヘッジとは?初心者でもわかる基本解説

投資家が投資信託を選ぶ際には、為替ヘッジの有無やヘッジ比率を確認することが重要です。為替ヘッジされた投資信託は、為替リスクを抑えることができますが、リターンも低下する可能性があります。一方、ヘッジされていない投資信託は、為替リスクがあるものの、高いリターンを期待することができます。
記事一覧

複利運用のデメリットと必ず守るべき3つのこと

投資にとって、複利運用は魅力的な仕組みです。しかし、その一方でデメリットも存在します。複利運用は時間と利回りのバランスが重要となります。よく調査し、自身の目標やリスク許容度に合わせて選択することが重要です。
投資コラム

積立投資のデメリットを知ろう

以上が積立投資のデメリットについての説明です。デメリットを理解し、それに対する対策を講じることが重要です。積立投資を行う際には、自身の投資目標やリスク許容度を考慮しながら、慎重に計画を立てることをおすすめします。
投資コラム

投資信託の中に投資信託、ファンドオブファンズとは何か?

ファンドオブファンズは、一つの投資信託ではなく、複数の投資信託を組み合わせることでポートフォリオを構築します。これにより、投資リスクを分散することができます。特に初心者の方にとっては、一つの投資先にリスクを集中させることなく、安定的な収益を狙うことができるというメリットがあります。
投資コラム

高リスク商品?ハイイールド債券とは?

ハイイールド債券は、高い利回りを追求するために、比較的リスクの高い債券を指します。つまり、高い利回りが魅力ですが、その分リスクも高くなるということです。
投資コラム

流行りもののテーマ型ファンドに投資をしても良いものか

よく、「テーマ型ファンドは買ってもいいものか」などと聞かれることがあります。理由を聞いてみると、「銀行に勧められたから」とか「去年のパフォーマンスが良かったから」といった理由がほとんどです。今回は、そのテーマ型ファンドについてまとめてみました。
投資コラム

そもそもファンドとは何か?改めて整理すると

今回は、投資・金融商品の中でもとても幅広く投資先がカバーでき、投資初心者から上級者投資家まで多くの人が投資している「ファンド」について基本的なことを整理してみます。当サイトでは、あえて「ファンド」と表記していますが、個人投資家の方には「投資信託」として知られています。
投資コラム

公募ファンドと私募ファンド:どっちが多い?

投資信託協会がまとめているデータによると、公募ファンド(株式投信と公社債投信合計)の純資産総額は157兆円、ファンド数は5,888本となっています。私募ファンドは107兆円と8,358本です(2022年末時点)。
投資コラム

プライベートエクイティファンド(PEファンド)の特徴とメリット・デメリット

プライベートエクイティファンドは、募集時や運用期間すべてにおいてごく一部の人にしか公開されておらず、あまり一般的には出回りません。投資のリターンはかなり大きなものが期待できますが、リスクや流動性などのデメリットもあります。
投資コラム

債券は簡単な投資?債券投資について基本的なこと

券投資は、資産運用の中でも安全性が高く、リスクを抑えることができる投資であり、他の投資と組み合わせることで、投資成果を最大化することができます。まず、債券投資は、投資家が取得する債券の利回りに投資を行うことで、決められた期間内に投資成果を高い確率で得ることができる投資です。
投資コラム

ヘッジファンドで相場に左右されない投資ポートフォリオを作るということ

日本においてヘッジファンドはリスクが多い投資をするイメージですが、言葉の「ヘッジ」にあるように、本来は投資のリスクをヘッジ(少なくする)するための運用を行うことを指します。ただ、一言にヘッジファンドといっても文字通りリスクを最小限にする運用をするファンドから、リスクをかなり取った運用をするものまで多種多様になっています。
投資コラム

ファンドを選ぶ際にパフォーマンス以外で重要なこと

これまで良いパフォーマンスだったとしても将来これからも上げ続けられるかということはわかりません。これからも良いパフォーマンスが上げられそうか、ということを見るためには、パフォーマンス以外の点でファンドを選ぶことが重要です。